たかぎのカギ~就活支援にハマった社会人3年目~

就職活動支援をしているサラリーマンが仕事のことや日々感じたことを書き綴っていくブログです

たかぎのカギ Takagi′s key.


エントリーシート添削をお願いするときの10か条。丸投げは自分のためにならない。

f:id:mindstylist:20201230140023j:plain

 

エントリーシートの添削はお願いすべき

今回はエントリーシートの添削をお願いするときというテーマで話をしていきます。

テーマというかお願いするときのマナーに近いです。

 

就職活動の選考はエントリーシートと呼ばれる書類選考から始まります。

 

就活を成功させている人は例外なく、納得のいくエントリーシートを作成するために何度も何度も添削を繰り返してます。

 

エントリーシートは他の人に見てもらわないと客観的な視点が加味されず、書類選考で落ちたとしてもなぜ落ちたのかがわかりません。そうなる前に信頼できる友達や就職活動を経験した先輩に添削してもらいましょう。

 

エントリーシートの添削をお願いするとき

はじめにこちらのツイートをご覧ください。以前にツイートした投稿になります。

f:id:mindstylist:20191215171200j:plain

エントリーシートを送る際のお願いです。

 

これはエントリーシートを送る全就活生へのお願いです。

他の人やOBに見てもらう時も忙しい中時間を割いてくれる先輩へ感謝を込めて準備はこれくらいして欲しいと思います。

 

全国で添削してくれるOBOGにエントリーシート(もはや文字壁)を丸投げする就活生が後を絶ちません。

 

今回お伝えしたことは初歩中の初歩です。

他にも相手が添削するうえで、何を知りたがっているか、どんな情報があれば返信しやすいかを考えてみてください。第一志望から内定をとっていく方は質問の仕方、気遣いがとても工夫されています。先回りゲームだと思って。

 

余裕を持って作成し、色んな方にお願いしているのも就活が上手くいく人の共通点です。

 

春まであっという間

 

矛盾するかもしれませんが、書けたら一度見せてください。
自己PRか志望動機だけでもいいですよ。突貫工事も大歓迎です。

  

雰囲気でなんとなく就活してる気になってはいけません。

実際に自分で考えて行動してください。あなたが何をしたいのかがわかってそこから初めて指導が始まります。逆に志望する業界が絞れると選考対策は加速します。

 

それでもどうしたらいいかわからないって人は業界選びから手伝うので相談してください。

たかぎのカギ Takagi′s key