たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

ESはなんのために書くのか【就職活動スタートアップ講座】

 

こんにちは!

 

社会人リーダーの髙木です。

 

今回の【就職活動スタートアップ講座】のテーマは、

ES(エントリーシート)はなんのために書くのかです。

 

今回も就職活動における当たり前について取り上げていきます。

当たり前過ぎて他の人が考えないことを是非いっしょに考えてもらいたいです。

 

就職活動期間中は、これまで経験したことのない問題や悩みに直面します。

そうした際、自分で理由や動機付けができるとそれだけで考え方や取り組み方が変わってくるからです。

 

ES(エントリーシート)とは企業に応募するための書類のことを指します。私も就職活動を始めるまでは名前も呼び方も知りませんでした。もうES作成を始めている方も、そうでない方もこれを読んで作成のスタンスや姿勢の参考にしてみてください。

 

 

はじめに

 結論を言います、ESを書く理由は内定を採るためです。そんなの当たり前だよと思った方、注意です。

 

 何が言いたいかというと、書類選考通過のために書いている方が非常に多いということです。ESは選考の初めから終わりまで使われ、最終面接どころか会社によっては入社後の配属の決定にまで使われます。

 

 この重要性について今一度強く認識し直してください。初めから最終面接を見越したESの作成が必要なんです。企業からすればあなたとのファーストコンタクトです。第一印象はESから始まっています。

 

採用担当者からみたES

 次に採用担当者からみたESです。

 そもそもなぜ選考が行われるかというと、まず採用担当者は採用基準を満たすすべての志望者を入社させたいと思っています。

しかし定員があります、そのために選考を行います。

 

 そして選考のはじめに多くの企業で書類選考が採用されています。企業にとってあくまで書類選考は手段の一つに過ぎません。

 

 そしてまずは書類だけで会社に入れたい人かどうかを判断しなければなりません。

しかしすべての人を面接に呼べるわけではありません。

 

 そういった背景を踏まえ、ESを書く理由は読ませるだけで「面接に呼びたい」と採用担当者に思わせるためです。

 

 では、そのESはどのように扱われるのでしょうか??

 

ESの扱われ方

 結論です、ESは合否が一瞬で判断されています。

 一読して合否が決定されています。もしくは最後まで読まれずに判断されています。

 

 採用担当者はESを読んで一瞬で面接に呼ぶかを判断しています。

それくらいESにはその人の人柄・能力が表れるものなんです。

 

 また採用担当者の元には何百、何千というESが送られてきます。それすべてに目を通すだけで疲弊します。(私の会社は社員70名程度ですが、毎年1000以上のエントリーがあるそうです、それを人事関係者2~3人で見ています。)

 

 面接に呼びたいと思う志望者が定員に近づくにつれて、流し読みになっていきます。

 

 ショックかもしれませんが事実です、でも逆に最後まで読まれたら通ると思ってもらって大丈夫だと思います。

 

 またゼミでもお話すると思いますが、その中で埋もれないESに仕上げていきましょう!

 

(この情報が飽和したご時世です、私の記事も流し読み前提で書いています。)

 

まとめ

ESは内定をとるために書く。

書類選考通過のためではない。

 

 

終わりに

 

 そうは言っても書類選考通過は第一関門です。はじめの一歩です。

恐れず勇気を持って積極的にES作りましょう!そして応募しましょう!

 

 またこれを書いているときに、そもそもなぜ企業は選考を行うのかという問題提起も可能だなと思いました。何をするにも、時間が許す限り細部の理解や自分なりの定義は必ず必要です。私はこの重要性を理解しているので普段から大切にしています。

 

 就職活動中も聞かれますし、こういった考え方の土台が表に現れて人柄を形成しています。

 

 就職活動中は自分の将来を作る大切な時間です、考えることから逃げないでくださいね。大丈夫、これを読んでくれている皆さんにはその力があると信じています!

 

それでは!

 

髙木

 

 

 

P.S.

 

今回ほとんどのESは読まれないなんて過激な言い方をしましたがこんな本もあるくらいです。

 

 

次に気になることは「書類選考でみられていることってなに??」とかだと思いました。また相当レベルが高いですが「最終面接から逆算したES論」とかも面白そうですね。

 

ESを作成し始めている方はこちらもどうぞ。

www.takagi-no-kagi.com