たかぎのカギ~20代の最後に思うこと~

プロのサラリーマンを目指すアラサーのブログ。


自分をアピールするとはどういうことなのか。エントリーシートでは会いたいと思ってもらうことが最優先。

就活のエントリーシートで自分をアピールするとは

今回は就活のエントリーシートで自分をアピールするとはというテーマで話をしていきます。

 

前回の記事でエントリーシートは内定をとるために書く」とお伝えしました。まだの方は是非こちらを読んでください。

www.takagi-no-kagi.com

 

内定をとるためにESで自分をアピールするということが必要です。

 

自分で自分が採用すべき人材であることを伝えなければならないんです。

※バディー採用など特殊な採用もありますが基本的に面接では1人です。

 

ではそもそも自分をアピールするとは一体どういうことなのか、それは、

自分を印象付けさせるということだと考えています。

 

言い方を変えると、「この子いいね!」と採用担当者に思わせることです。

面接官が次の面接官に伝えたくなるくらい自分を売り込んでください!

 

 

エントリーシートでの最優先事項

ですが、面接まで漕ぎつけないとアピールするチャンスは得られません。 

 

ですのでエントリーシートでは

会いたいと思ってもらうことが最優先です。

 

そのために気を付けることは、

・最後まで読んでもらうこと

・聞いてみたいことを誘発させる

インパク

この辺りだと考えています。

 

読み手があなたの文章を読んで気持ちが動くかどうか、ここが大事です。

 

文章を読んで気持ちが動くとき

文章を読んで気持ちが動くときのひとつの回答として、私は納得感を生む、ことだと考えています。

 

エントリーシートには自分を内定させる理由を書きこんでいくので、その中で自分を内定させる理由の納得感を生んでいくことを意識しましょう。

 

自分がアピールすることはその根拠とセットで述べましょう。

アピール内容と根拠を述べるときはストーリーにすると届きやすいです。

 

物語は聞いていて飽きにくいですし、話していても楽しいですよね。

面接の応答もストーリーにして応答すると回答しやすいです。 

 

まずは定番の質問からおさえる

会いたいと思ってもらえるエントリーシートを組み立てるうえでまずは、エントリーシートでよくある設問からおさえていきましょう。

 

エントリーシートでよく聞かれること》 

学生時代に頑張ったこと

自己PR

志望動機

 

多くの企業の設問にはこの3つが含まれていると思います。

 

これらの設問を捉え直しストーリーで納得感を生むという視点から書くべきことを列挙すると、、、、、、

 

学生時代に頑張ったこと→「過去の自分」経験、学び

自己PR→「現在の自分」強み・持ち味

志望動機→「未来の自分」関わりたい業界、興味、関心

 

となります。

 

以上が自分をアピールすることを念頭に置いたエントリーシートの設問の理解です。

企業側の意図もこれらと相違ないと思います。

 

企業ごとの採用基準で個別に測りたいことは独自の質問や自由課題などを設けています。

 

書くべきことを理解すれば自然と書きたいことが見えてきたのではないでしょうか??

 

アピールは主観で構わない

「アピールしたいことが見つからない」という方がいますが、

アピールしたいことは主観で構わないんです。

 

その理由は、人の経験の深さ自体は比べられないからです。

例えば自分の強みを「責任感」としてアピールした方が2人いて、それぞれ県大会出場を目標にした部活動の主将と全国大会出場を目標にした部活動の主将であったとします。両者の「責任感」はきっとどちらも素晴らしいですし比べられませんよね。

 

結果を伴う活動であったとしても、当人が主将としてどんな風にチームをまとめていたか、どれだけ部のことを考えていたかが知りたい。

 

面接する側としては当人にとってどれだけ価値があったかを語って欲しいんです。

 

技術職や研究職、エンジニアなどでない限り、経験や技能そのものは求められていません。あくまで人物重視です。絶対に留学経験者者を~人入れるという採用目標などもあるそうですが。

 

本来はこのように比べられないはずなのですが、これが経験の度合いが比べられる状況になるには理由があります。

 

自分で目標を高く掲げている場合が多いです。
自分の経験以上のことを語り散らかすときです。あくまで挑戦者であることを忘れずに。高潔にいきましょうね。意識高い系の落とし穴です。はっきり言って自分もそうでした。主語が大きすぎるのはいけません。

 

企業を理解してエントリーシートを書く

ここまで読んでくれた皆さんならもうわかっているかとは思いますが、

自分をアピールするには自分を知ること志望業界と企業について知ること、採用したい人材像を知ること、つまり

ニーズの把握が必要なんですね。そのための説明会、OB・OG訪問です。

 

今回のまとめ

自分をアピールするとは自分を印象づけること

エントリーシートでは会いたいと思ってもらうことが最優先

 

渾身のエントリーシートが書けると思うこと

アピールしたい自分が見つかりエントリーシートを書き終えたとき、こう思うはずです、「ああ、面接に行きてぇ」

 

面接に行きたくなるまで頑張ってみてください!

 

最後に、こちらの本まだ開いたことがない方は是非ご覧ください。
立ち読みでもかまいません、必読の一冊です。

 

 

たかぎのカギ Takagi′s key