たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

市場価値の高い人材ってなんだろう。

市場価値の高い人っていったいどんな人のことをいうのでしょうか。

 

 

市場価値の高い人

最近よく耳にする、市場価値の高い人という言葉。

転職を考えたりするとしょっちゅう目に入りますし、気になります。

 

ですが一体どれだけの人がこの言葉の意味を考えたことがあるのでしょうか。

市場価値の高い人の定義って人それぞれですしそもそも自分で決めることではありませんよね。企業で働こうとする限り価値を決めるのは相手なので。

(自分の価値を自分で放棄して良いという話ではありません。)

 

また自分の過去のメモからヒントになりそうなことを引っ張りだしてきました。

 

今の時代の特徴

メモのタイトル【今の時代】

厨二というかヤバイやつっぽいタイトルです。(#でもこれがメモの面白さ)

 

ちまたで言われていることを列挙してみた模様です。

これらを鵜呑みにするのは情弱すぎますが自分がたくさん耳にするということは少なくない人が浴びていることは確かですね。抽象的なものが多いですが。

 

・早く正確に答えを出せる人は要らない

・答えのない問題にいかに類似的解を出せるか

・意味があるとに取り組むことこそ意味がなくなる

 

どこから得た情報なのかわかりませんが、なんとなくいいこと言いかけてます。

いずれも抽象的ですが日々、具体的な作業を繰り返しているとたまには自分の仕事をこうした視点から振り返るのも悪くはないのかなと。

 

市場価値の高い人になるには

 

ここからは自論なのですが、この前までTOEICの勉強をしていました。

TOEICの設問て、解答中に気が散るものばかりなんですよ。すぐにクーポン配る航空会社とか、電話一本で業務提携してしまうwebライターとか、どうしてそんな間違いするのっていう広告代理店へのクレームとか。あげだしたらキリがありません。

 

大学受験でもそうですが、なにかうまくうかなかったり、TOEICだとスコアが伸び悩んでいるときに、この問題がいけないんだとか思う時あったと思うんですよ。(#ないよね)

 

今回TOEICの勉強をしているときに気づいたのが【この世界は問題を作る側と解答する側のパワーバランスがおかしい】ということなんです。本当に目的にあった良質な問題なのか、誰かがチェックしているのか、解答できない側になんとなく落ち度がある気がする、と。

 

低いスコアでうじうじ言ってたらだらしないので、

つべこべ言わずに高スコアとってから叫びたいと思いました。みんな同じ条件ですしね。

 

私は自分の英語力を他の人がわかるようにしておくためTOEICを受けています。

 

早くTOECを卒業して英語学習を次のレベルにいかせたいです。

他の人が作ったルールで評価を得るために時間を使うことをやめたい

勉強中にこんなことをふと思いました。

 

市場価値の高い人になるカギもここに眠っている気がします。

社会では常に新しい問題が生まれ、それらを解決するために人が動いています。

新しい課題にいち早く答えらしいものを提示するためには、過去の人が作った問題に解答した経験がそのまま役立つとは思いません。

 

それらの課題に対処するには、自分なりに問いを定義し、目的を定め、取り組む必要があります。これらを繰り返した先に次がある気がします。

 

 

 

営業マンの業務改善日記⑤ 無限に話が続く方法

 

過去のメモからのネタなのですが、

無限に話が続く方法というメモがありました。

 

たしかテレビ番組で林修先生が言っていたことなのですが、

比較、類似、分析、の3つを繰り返すと無限に話ができるというメモでした。

 

バラエティー番組のアナウンサーになりたい志願者の面接対策のコーナーだったと記憶しています。林先生は話がうまく聞こえる人の話を構造的に解体すると比較し、類似し、分析する特徴があると言っていました。

 

これを見たときに、自分なりに解釈して、【話が無限に続く方法】としてメモしていたようです。

 

比較、類似、分析、この3つを行ったり来たりする話し方はたしかに応用が利くと思います。あらゆる事物に対しで無限にコメントができそうです。

 

比較⇔類似⇔分析、類似⇔比較⇔分析、比較⇔分析⇔類似、と主軸に据える概念を置き換えても面白そうですね。状況に合わせてチューニングしていければ、トーク力が相当身に付きそうです。

 

私は仕事柄、様々な美術品を扱います。

美大を出ているわけでも大学で美術史を学んでいたわけでもありませんし、知識では到底及びません。ですが、知識がないからこそ、この話方を意識していて、少しでも中身のある話をしようと工夫します。以前はなんとなくそれっぽいことを話そうと思っていましたが、今は思い切って聞こうという気持ちの方が強いです。(#質問しないと存在価値ゼロ)

 

知識を得るときもどのように使えそうか考えながら勉強します。

お客さんから学ぶ姿勢も大切にしています。

 

質問も工夫していて、美術品の知識を聞き出そうと試行錯誤します。質問の仕方で返ってくる答えも変わることも面白いです。

 

自分の経験からくる独自の視点が質問へになり、他の人にはない知識を得られ、それらが価値を生むと信じています。自分が生める価値すべては自分の経験が源泉です。

 

過去に自分がとったメモを見返すと面白い気づきがありますし、自分の成長を実感できます。この日記も、いつか見返したときに、自分の書いた文章を見て、ああだこうだ言うのでしょう。また一興ですね。

 

自分の考えをこうして書き綴る習慣を早いうちから身に着けておくと、人生楽しめそうです。(#おじいちゃんか)

営業マンの業務改善日記④ 【もしかしてメモ】大公開。

人についてのもしかしてをメモしてきました。

常に仮説を持ち言動をしていると日々が実験の場に変わります。

 

 

もしかしてをメモする習慣

営業とは生身の人間に価値を与えるプロである。(#知らんけど)

このプロになるために、相手がして欲しいことを読み取り実践するということを意識しています。

 

今の会社に入社して3年目、2年は下積み、3年目にやっと現場に出ることが許され下積み時代に2度と戻りたくない一心で日々顧客のことを考え励んでいます。

 

そんな営業としての毎日ですが、営業になろうと思ったときから、日々のもしかしてをメモしてきました。仮説を持ちながら日々言動すると毎日が実験の場に変わります。自分で得たものは自分のものになるので続けて良かった習慣です。

 

もしかしてメモ一覧

厨二くさいメモもありますが、ご了承ください。

カオスなものも同様です。

 

・口悪い人は涙もろい

・頭の良い人は怒らない

・好きという感情は視野を狭くさせる

・明晰な頭脳を持った者は騙し合う

・頭の良い人の究極系が許すこと

・頭が良い人は相手を生け捕り、操ろうとする

・憎しみと悲しみのうち時間が経てば憎しみが消える人は愛がある人

・近くのものに触ったり、動かす人は現状に満足していない。早く帰りたい

・他人と争って手に入れたものしか満足しない

・弱みを知り、それを満たせばコントロールできる

・嘘をつけるようになるためには自分を捨てるところからはじめる

・自分を保てる相手はつまらない

・優しさを自分に課す人は他人にも優しさを求める

・当たり前だと思った瞬間に価値は一気に下がる

・当たり前だと思った瞬間に信頼関係は崩れる

・本気な人は緊張する

 

下積みの大変な時期だったので、全体的に暗いですね。笑

 

メモをとり見返す習慣

メモをとって見返す習慣は日々の改善につながり、成長行動に効果的だと思います。

仮説を持ち歩くことで、なんとなくする行動が減り、毎日が気づきや発見で満ちていきます。

 

メモをとったときの自分では気づけなかったことや、考えがまとまっていないことも今の自分で見返すと、スッキリするものもありました。

 

いずれにせよ日々の何気ないことを情報だと思えるようになることで成長は加速するのだと思います。