たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


自分の未来は今の上司。ある日、今の上司のようになりたいかを自問自答した。

 

来月から人材業界で働きます。

 

人材業界を選んだ理由は他にありますが、

転職をしようと思った理由は、いまの仕事を続ける理由がなくなったから、でした。

 

将来設計をするうえで、

働き方や、給与水準を考えたときに、今の会社では満たせないことがあったんです。

 

"自分の未来は今の上司"

 

こんな言葉がありますが、

仕事が少し落ち着いてきたときに、今の上司のようになりたいかと自問自答してみたところ、答えはNOでした。

 

そこで、このまま働き続けても自分に嘘を付き続けるだけだと思い、転職を決意しました。

 

はじめは転職の軸も定まらず、第一志望群からは内定をもらえませんでした。

 

自己分析が足りていないからだと思い、面接の反省を少しずつブラッシュアップするうちに徐々に軸ができはじめ、とある企業とご縁がありました。

 

内定をもらった会社は面接をはじめたときから、あ、受かるなと言った感じで、他の会社では詰められたところでも、納得してもらえたりと、相性の良さを感じました。

 

今の仕事の内容が嫌なわけではないんです。

ただ、自分が将来に満たしたいことを満たせない。

 

だから職場を変えることにしました。

 

仕事は嫌いじゃないですし、お客さんには関係ないことなので、引き継ぎのときは話し辛かったです。

 

会社を離れることを告げると、

 

寂しいね、良い男だった。

 

と言ってくれるお客さんがいて、とても嬉しかったです。

 

自分のやってきたことは誰かの役に立っていた。

 

自分にしかできないことがある、と信じさせてくれました。

 

人のために仕事をしようと心の底から思えたのは、この、お客さんに会社を辞めると伝えたときでした。

 

次の仕事でも、この言葉を思い出して頑張ろうと思います。

 

 

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary