たかぎのカギ

たかぎのカギ

社会人3年目が日記以上をお届けするブログです。

就職活動をしているお子さんがいる親御さんへ。

就職活動は本人の頑張りだけでなく周りの支えが大切です。 

 

はじめに

就職活動は人生の一大イベントです。大学受験や資格試験と同様にその後の人生を大きく変えるものです。はじめの1社はその後の人生を大きく左右するものなので、大学受験よりも重要度自体は高いと思っています。

 

一方で自由度も高いです。大学受験が前期と後期しかないのに対し、就職活動は一斉採用とは言え、半年~一年採用市場が開かれており、エントリーすればどんな企業の採用選考も受けられます。

 

そんな就職活動ですが、多くの学生が自身のポテンシャルを最大限発揮できていない現状があります。原因は本人の問題も全くのゼロではありませんが、周囲の人間関係によるものも少なくありません。

 

就職活動中の親との関係

就職活動中は、周りの人間関係が良好であればあるほど就職活動に専念できます。逆にギクシャクしているとうまくいくものもうまくいきません。就職活動をはじめると悩みや不安を抱えきれなくなり友達や親、アルバイト先、先生などとの関係が今までとは異なってきて衝突することも増えます、感情的になることも多くなるでしょう。

 

就職活動中はただでさえストレスがつきまといます。やることがありすぎて何からしてよいかわからないくらい混乱しています。そんなときに、ああだこうだと、上から目線で言葉を投げかけては余計に集中できなくなります。

 

そんなとき親御さんには、自分のときとは就職活動は全く違うことを理解し、本人がおかれている状況をできるだけ理解し、そっと見守って欲しいと思います。本人が一番悩んでいます。そっと寄り添ってあげてください。

 

本人が就職活動に集中できる環境を整えてあげてください。助けを求めない限りはもちろん相談をされたときには、親身に話を聞いてあげてください。

 

これだけでも心に余裕がもてると思います。

 

進路指導ではじめに尋ねていること

就職活動中は普通の状態ではありません。焦りや不安を抱えながら進む毎日は、大人であってもかなりのストレスです。ですが、生活のほとんどを就職活動に注がないと希望する進路実現は難しいのは事実です。

 

進路指導にあたってはまず、本人が就職活動に専念できているのかを確認しています。

そのうえで、大きな障害となっていることを解消することをお手伝いしています。

 

就職活動に専念できる環境をまず作ることから始めています。これだけでも成果が出始める方も多くいます。