たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

【身近なコロナの影響】横入りはいけませんが、私も気づかなかったのです

 

マナーを守りたいと思っていても、全部守れる人ってどのくらいいるのでしょうか。

先日、『常識の代表格』である順番を待つというルールを破り、列に横入りをしてしまいました。わざとではないのです、これからお話します。

 

事件は最寄りのTSUTAYAで起きました。

コロナウイルスの影響でレジの前には足元にここで待っててくださいねという線が引かれています。

 

会計の途中で、後ろから怖い男の人に「並んでたんだ、横入りだからな」と言われ、どこから現れたんだと思いながらも、すみませんでしたと謝りました。

 

そのあとその人はお店の人にも、「順番待たない客がいたら注意しろよ」よ言っていました。

 

どうやら順番の線に、点線で延長線が引かれていて、自分が思ったよりも後ろで待機するように決まっていたようなのです。結果的に私は横入りした人になってしまいましたが、待機線があんなに後ろにあるなんてほんとうに気づかなかったのでもやもやしました。

 

でも、きっとマナーを守っていないように見える人ってこんな感じなのかなとも思います。マナーって知らないうちに人との間に溝ができていく仕組みですよね。

 

これからのコロナありきの社会でのマナーにも順応していきたいと思います。

 

ただ相手の事情を聞かないまま、自分の言いたいことを言う人は好かれないのでやめたいですね。

 

それでは!