たかぎのカギ~20代の最後に思うこと~

プロのサラリーマンを目指すアラサーのブログ。


辞めるときになってわかること。お客様からの言葉。

 

仕事の引継ぎが始まりました。

 

遠方顧客に、営業の傍ら担当者変更の旨を伝えてきました。

それぞれのお客さまごとに交わす言葉が異なり、自分てこう見えていたんだとか、自分のことを考えていましたが、仕事って素敵だなあと思いました。

 

ちなみに私の仕事はオークションハウスの営業職です。

www.takagi-no-kagi.com

 

www.takagi-no-kagi.com

 

以下、今日のやりとりです。

 

1件目、人生について説かれる

出品作品の集荷に伺ったお客さん。80は過ぎていて生前整理で作品を預けてくれた。

 

担当者変更のときにぶりなので、お互い印象が薄い。

近況の報告からはじまり、担当者変更の旨を伝える。その流れのまま、会社を離れることを伝えると、「経験はきっと役に経つ」「この仕事をしていた人は貴重だ」「人の縁はどこでつながるかわからない」などの薫陶?を受けた。

 

「今は仕事変えるの当たり前なんだよね」と理解がある様子。

転職経験の話に説得力があり、かなり勇気が出た。もっとスパッと言っていいことがわかった。

 

お土産にワインをいただく。

 

 

2件目、やや惜しまれる。

最近出品と落札があったお客様。

 

しばらく自社の利用がなく、ここ数か月でお会いするようになった方。

「真面目な方が来るようになったのに残念」とのこと。

 

お土産にシャインマスカットをいただきました。

 

 

3件目、相槌を打たれただけ。

 

古くからのお客様。

趣味で転売、せどりをしている方。

 

退職を伝えると、

「へー、俺もそろそろやめようと思ってた」とのこと。

 

特段驚く様子もなく、好きにやればという感じでした。

 

 

4件目、惜しまれたと思いたい。

 

こちらも古くからのお客様。

「要領が良いとか悪いとかはおいておいて、感謝している」

スマートさが足りなかったよう。自覚はある。

 

次回、次の担当者を連れてくると伝えると、

「良い男じゃないと嫌だよ?」とのこと。

 

自社との付き合いも長いので退職する理由も包み隠さず伝えると、

「働き方ブラックそう」「給料ケチるとだめだよね」とのお言葉。開業医で、看護師さんには手厚い待遇を施しているそう。

 

 

担当者変更話の雰囲気は、いずれのお客様も和やかでした。

 

退職を伝えただけですが、引継ぎの際は、自社に対してのイメージとか、他との違いとか聞けなったところを聞いてみたいと思いました。

 

離れるときしかできない話題ってやっぱりあって、仕事って面白いな、お客さんに向き合って良かったなと思いました。

たかぎのカギ Takagi′s key