たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


就活の自己分析に使える4タイプ診断。『注目型』の特徴。

就活の自己分析と4タイプ診断

 

就活の自己分析はなにから始めればよいのか。

 

こんな悩みを持ちはじめた就活生には、「自分の欲求を知ること」と答えています。

 

はじめに自分の本質的な欲求を理解できると何度も何度も自己分析を繰り返さずに済みます。

 

結果の捉え方そのものに方法論が無ければ、いつまでも納得感が得られないのは当然です。

 

自分の本質的な欲求を知るために、社会評論家の岡田斗司夫氏の『人生の法則』を精読し、自分の社会的欲求を自己分析に活かすことを目指していきます。

 

自分が何をすれば幸せなのかわからないままでは、仕事を選ぶことができません。

 

そして、他人の欲求を理解することができれば、就活における様々な場面に応用できます。

 

これから説明する4タイプの価値観がわかると、以下のようなメリットがあります。

・就活で出会う企業を自分の欲求が満たせるかで判断できる

・グループディスカッションの立ち回り方で迷わなくなる

・面接官のタイプ別に伝え方がわかる

・情報過多になっても就活の軸がブレなくなる

 

自分と相手の欲求を理解し、就活に活かしていきましょう。

 

全4回にわたり、「司令型」「理想型」「注目型」「法則型」それぞれのタイプの解説をしています。第3回の今回は『注目型』です。

 

これを読み終えて興味が湧いた方は『4タイプ判定テスト』を受けてみてください。

※これから書かれる4タイプの解説は著書で書かれている内容を用いて就活的に転用したものになります。

 

就活生ではない方も、今の就活を知って欲しいですし、社会人生活に役立つことばかりなのでぜひ読んでいってください。

 

『注目型』の特徴

自分の熱意ややる気が何より大事なタイプで、人から好かれたい、注目されたい、認められたい、頼られたいという欲求が基本的に強く、目立ちたがりの甘えん坊です。

 

だから、自分がのけ者にされたり、陰口を言われると腹が立ちます。

みんなから尊敬され、大事にされたいと願っている。

 

ムードメーカーでそこにいるだけで場が華やぐ人が多いのもこのタイプ。アイドルの素質がある。無視されたり、ないがしろにされるのが一番辛く、派手で表現もオーバー。

 

外交的かつ他者的で考え方が抽象的。

 

注目型の人付き合い

誤解されてでもいいから好かれたいと思うのが注目型。

勝つことで人間関係にひびが入るくらいなら買っても素直に喜べません。

 

常に誰かを喜ばせたり楽しませたりするチャンスを探し、雰囲気を読むのがうまく、華やかで明るくします。感情豊かでパフォーマー性に長ける、ノリのいいお祭り好きです。

 

得意分野だと好戦的になり、きちんとした実績で評価が欲しくなります。

 

ついつい皆に気を使って言いたいことが言えないことが多いけど爆発するときもたまにあります。

 

注目型の人付き合い

面倒見がよく付き合いが上手ですが、身近に不機嫌な人がいると落ち着きません。

会話が途切れないように気を使うことが多く、飲み会などでも参加者が楽しめてるかつい気になります。

 

認められたいと思うあまり、出来もしない頼まれごとを断り切れずに引き受けて、評価を下げることも多いそう。

 

注目型の攻撃方法

一番の仕返しは、心配させること。

妄想ですが、音信不通になるとか、家出とかしてそうです。 

 

注目型は世話好き

世話好きで友達が遊びに来ると大歓迎する。

ただしそれは人が好きというよりはそういうふうにするものと思っているから。大歓迎をするけども、その後は本当に心の底から疲れてしまう。彼らの社交的な部分を、人間好きなんだ社交的なんだと思わないこと。

 

お節介な部分もあるそうです。

 

注目型の成長

自分の行動で人が喜んでくれること自体が一番の喜び。

ただし、その喜びは自分と相手では異なり、それを理解するまでが辛い。すれ違います。

 

何ができるかより、何をしたいかを考えた方が幸せになれるそう。

相手の欲求に沿って相手が求めることができるようになると、自分の行動で相手も喜ぶようになり、自分も幸せになります。

 

注目型は相手の機嫌が気になる

どうしても相手が自分のことを好きかどうか、この人はどういう感情を持っているのか、嫌われてないか気になります。

 

無反応な顔を見てるとどんどん不安になります。

面倒くさい子ども意識が大人になったらなくなってくれると思っていても、他人の目をここまで気にして評価を欲してしまうのは注目型の特徴で、年をとっても変わらない人もたくさんいる。無関心にされると不安になる。

 

嫌われるようなことをした?何でずっと不機嫌なのかな?となる。

 

注目型は自分の話をしがち

何を話していても、最後は自分がどう思うかという話にいく。

世の中の事件で何があろうとも、それが自分にとってどうか、自分に言わせりゃこうだと考えて、外向的だからそれを他人に言いたがる傾向がある。

 

注目型が落ち込んだとき

落ち込んでる時は自分がすごく嫌いになる。自分の中のルールや理想に自分を合わせられないことを嘆く こんな私許せないとなる。

注目型のなぐさめ方

勝負で負けた時でも、注目型は買った負けたよりも「惜しいね」というふうに慰められたりすると負けたことがチャラになったりする。負かせてしまった時には軽く言葉でフォローすること 。

 

注目型の幼少期

幼い頃は「遊ぼう」ではなくて「遊んで」と言う。

 

たかぎ的考察

注目型の方は独り善がりにならなければ、対人では好かれまくる素質があります。

 

ノーリアクションの面接官には不安になるかもしれませんが、向こうのペースに飲まれないようにしましょう。

 

友達と就活したがらないのは、就活の結果で関係にヒビが入るのを避けたいからなんでしょうね。

 

グループディスカッションのときは、協調性が武器かなと。

周りに気を配れるので、グループ全体を盛り上げられそうです。

 

上手くいかないときでも、頑張りを認めてあげるのが就活をやりきらせるためには必要なのかなと。

 

自分をちやほやしてくれる、ブラック企業の甘いささやきには要注意ですね。

 

 

これを読み終えて興味が湧いた方は『4タイプ判定テスト』を受けてみてください。

 

結果とそれぞれのタイプを知って、

大喜びしたあなたは注目型、そうだろうなと渋々認めたあなたは法則型、使える!と早速損得勘定した方は司令型、言い当てられてドキドキしているあなたはきっと理想型。

 

とのことです。あなたは一体どのタイプでしたか??

 

ぜひコメント欄で教えてください!!

 

人生の法則』はKindle unlimitedで読み放題です!

 

4タイプ診断についてもっと知りたくなった方はこちらをどうぞ!

www.takagi-no-kagi.com

 

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary