たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


就活の自己分析に使える4タイプ診断。『対角線の法則』

就活の自己分析と4タイプ診断

 

就活の自己分析はなにから始めればよいのかわからない。

 

こんな悩みを持ちはじめた就活生には、

「自分の欲求を知ること」からはじめよう!

と伝えています。

 

はじめに自分の欲求が理解できると何度も自己分析を繰り返さずに済みます。

 

就職活動の自己分析で特に理解したいのが自分の社会的欲求です。

 

自分が社会でなにを欲して行動するのかがわからないままでは、仕事を選ぶことができません。

 

この記事では、自分の社会的欲求を知るために、社会評論家の岡田斗司夫氏の『人生の法則』を精読し、各タイプ別の欲求を自己分析に活かすことを目指します。

 

f:id:mindstylist:20210925072314j:plain

人間を、その欲求で分類する。

 

4タイプの価値観がわかると、以下のようなメリットがあります。

・就活で出会う企業を自分の社会的欲求が満たせるかで判断できる

・グループディスカッションの立ち回り方で迷わなくなる

・面接官のタイプ別に伝え方がわかる

・就活の軸がブレなくなる

 

自分のみならず、他人の欲求を理解することができれば、就活における様々な場面に応用できます。

 

無意識レベルまで自分と相手の欲求を理解し、就活に活かしていきましょう。

 

先回まで全4回にわたり、「司令型」「理想型」「注目型」「法則型」それぞれのタイプの解説をしました。今回は4タイプをより理解するうえで大切な『対角線の法則』の解説です。

 

これを読み終えて興味が湧いた方は『4タイプ判定テスト』を受けてみてください。

※これから書かれる4タイプにまつわる法則の解説は著書で書かれている内容を用いて就活的に転用したものになります。

 

就活生ではない方も、今の就活を知って欲しいですし、社会人生活に役立つことばかりなのでぜひ読んでいってください。

 

 

対角線の法則

 

対角線の法則を一言でいうと、

対角に位置するタイプとは分かり合えない。

というものです。

 

対角に位置するタイプの組み合わせは、

注目型⇔法則型

司令型⇔理想型

の2組です。

 

それにしても、互いの欲求がほとんど理解できないとはどういうことなのでしょうか。

 

たとえば、司令型は、理想型が持っている、物事に対するこだわりというものをほとんど持っておらず、理想型の美意識というものがまったく理解できずに、単純に頑固わがままなだけか、怠け者というより見えてしまいます。

 

逆に、理想型は司令型が持っている勝ちたいという欲求、すなわち社会的ポジションを気にするというのは、向上心というものをほとんど持っていない。だから司令型の秩序を維持し、なおかつ上を目指して努力も理解できず、自分の美意識がなく上にへつらい下に厳しい人間のように見えてしまいます。

 

理想型の中には学校でテストがある意味が良く分からないという人までいるそうです。

絶対評価ならわかるのだけど、他人と比較して頂点が決められる相対評価というものがなぜ存在するのか分からない。そのような理想型から見れば他人との比較こそが重要な司令型は理解できないのは当たり前。

 

注目型と法則型も同様にお互いが理解できません。

注目型には法則型の他の物事を理解しようとする欲求がほとんどなく、法則型がより正確に理解しようとする態度を見ても文句ばかり多い屁理屈をこねているだけの人間に感じてしまう。

 

逆に法則方は、注目型のよう他人に注目されて好かれたり頼られたいという欲求をほとんど持っていません。そのため注目型が、他人に気を使って面倒を見たり、みんなが楽しめるように気を使ったりする態度を見ても、単純におせっかいの目立ちたがり屋に見えるそうです。

 

そして、注目型の人達は法則型の人達の事は多分一生分からないとまで岡田氏は言います。同様に、司令型の人達は理想型の人達の事は多分一生わからないだろうとも。

 

一方で、長期的な人間関係を築きやすいのは、実は中途半端にわかる隣のタイプよりも、対角線の全くわからない者同士の関係なんだとか。

 

たかぎ的考察

今回は『対角線の法則』を解説しました。

法則型の自分は、他人に気を使って面倒を見たり、みんなが楽しめるように気を使ったりする人は、おせっかいの目立ちたがり屋に見えていました。きっとそうした人たちは注目型なのだろうと思います。

 

逆に注目型にとって自分は屁理屈をこねているように見えることは理解しておこうと思います。そう見えてしまうのは自然なことなんだと、ひとまずそうしておこうと思います。

 

4タイプ診断を就活の自己分析に活かす試みですが、自分は法則型なので、新しく理解できることが見つかるとそれだけで嬉しいです、ここで自己満足しがちなのも法則型の特徴だと感じています。

 

私が就職活動の支援で目指すのは『生きるのが好きな人を増やすこと』です。

そのために就職活動でして欲しいのは『一生モノの自己分析』です。

内定を取るためではなく、幸せに働くために自己分析をしていきましょう。

 

いつでもこれを見失わずにいたいです。

 

情報はあり、あとは行動するだけと簡単には言えますが、その前に、

『自分に自身が無い、人の目が気になる、コンプレックスがある、経験がなくて恥ずかしい、空っぽな自分が嫌、自分このままで大丈夫?』

といった気持ちを整理せずには行動に移せないのが現実です。

 

こういった方がそのまま就活に臨むので、生きる力をますます奪われて、何も自分で決められなくさせられ、支配されてしまうのだと思います。そうして就職できたとしても、環境を変える力を持たず搾取され続ける、社会の波に飲まれ続けてしまうのだと思います。

 

そういった方に、

『自分の考えを届けて安心させたり、自己嫌悪に陥っている方の罪悪感を減らしたり、気持ちを軽くしたり』

して少しずつ行動させて、読む快感、読むと楽になる、読むと自信をくれる、こんな価値を届けられたらと思います。

 

エネルギーを失っている方に、直接働きかけるのは得意ではないので、今回のような情報を届けて、今の状況を分析し正しく理解することで行動する勇気を与えられたらと思います。

 

マイナスになっている状態をプラスとまではいかなくてもゼロに持っていくことはできるのではないかと思っています。

 

まだまだ4タイプを使った就活コラムは続きます。乞うご期待。

 

これを読み終えて興味が湧いた方は『4タイプ判定テスト』を受けてみてください。

 

結果とそれぞれのタイプを知って、

大喜びしたあなたは注目型、そうだろうなと渋々認めたあなたは法則型、使える!と早速損得勘定した方は司令型、言い当てられてドキドキしているあなたはきっと理想型。

 

とのことです。あなたは一体どのタイプでしたか??

これ当たってる!これはいまいちわからないというものも教えてくれると嬉しいです!

 

ぜひコメント欄で教えてください!!

 

人生の法則』はKindle unlimitedで読み放題です!

 

4タイプ診断についてもっと知りたくなった方はこちらからどうぞ!

 

www.takagi-no-kagi.com

 

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary