たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

就職活動を始めた学生のかたへ

 

こんばんは!

 

社会人リーダーの高木です。

 

私は母校である埼玉大学で進路相談会の補佐をしています。これからスタートする2021年卒のゼミのために今までのノウハウを書き留めていきたいと思います。

 

就職活動を補佐する人の気持ちってこんななんだよってことで、後輩の就職活動をサポートしている方にも読んでもらえたらと思います。

 

目次はなくつらつらと書いていきますが、

その分凝縮して書いていきますよ。

 

私は経歴が変わっています。

高校卒業と同時に埼玉大学に入学しました。

その後4年生の後期から2年間も休学しています。

 

そして復学後、就職活動と教員免許を取得するために留年もすることにしました。

なので休学や留年を経験をしていて、そのことをどう伝えようか悩んだり困っている方の力にもなれます。それに進路相談会には浪人を経験している先輩もいます。

 

私自身今の会社に入るまでは就職活動を始めてからどう自分の経験を伝えればよいかわからず大変悩みました。

 

私は自分と同じような経験をされた方が見つからずにそのせいで自分で考えてしまいました。最終的にはまがいなりにも面接で伝えられるようにはなったのですが、早く気付けていれば、と思うことがたくさんありました。

 

 

就職活動で必要なことは

「就職活動を通じて成長する」という意識です。

どんなに優秀な志望者の方でもそのままではどこの会社からも内々定はもらえません。

 

今各々が持っているものは選考に向けて

「人に伝えようとして初めて価値のあるものになる」からです。

 

私が就職活動をしていて出会った、第一志望から内々定を得ていた志望者の方も例外なく皆努力をしていました。お互いに刺激し合いながら過ごした半年は間違いなく今の自分を作っています。

 

「就職活動を始めた学生の方へ」の記事は、具体的に行動を移す前に読んで気持ちの面でこれから始まる闘いに備えてくれればと思います。本当に苦労したので書きたいことや伝えたいことがたくさんあります。

 

一足先に企業で勤務している身として先にお伝えしておきますが、仕事って楽しいです。人との出会いと繋がりをくれ、お金と達成感と充実感をくれるものだからです。自分が幸せになるための手段として働くという行為があり、そのための就職活動です。

 

行き詰ったときに思い出してください。

未来に幸せになっている自分を想像して是非いっしょに頑張りましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。またゼミでお会いしましょうね。

 

高木