たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


就活における質問力。なんでその質問したの?に答えられる質問を。

f:id:mindstylist:20210130172549j:plain

 

就活における質問力

今回は就活における質問力というテーマで話をしていきます。

 

就職活動でとても大事な質問をする力。

面接では逆質問という時間が設けられており、志望者が採用側に質問をする時間があるくらいです。

 

今日面談した方の中でも、この人は質問の仕方で損しているな、得をしているなと感じる方がいました。

 

質問が上手い人は例外なく就活が上手くいっている、始めた時期は関係なく、選考が進んでいる。成長が早い、、、、、、。

 

質問力が高いと自分が必要な情報を得られる証拠だと感じました。

 

質問力を上げる方法

質問力をあげる方法について私の見解は、

 

解決したい問題から質問を作る、です。

 

その質問の回答を得たら自分のどんな問題が解決するのかを考えて質問を考えるということです。

 

解決したい問題があるからその問題を解決するために質問をするんです。

例えば志望動機が作れない、自己PRが作れない、面接で回答に詰まる、といった問題です。

 

自分で仮説を立てて根拠となる情報を聞き出すつもりで質問を作ってみましょう。

 

目的がいまいちな質問をすると、この人苦し紛れに質問しているな、意図がピンとこない質問だなあと思われます。

 

相手に正解を求めない

その他に質問が上手い人の特徴として、相手に正解を求めない、ということがあります。

 

正解を教えてくれるというスタンスで質問すると、聞いたら教えてもらえると思っている人なのかな、と思われてしまうかもしれません。これは経験上、親族、家族、学校、アルバイト先、といった自分の存在価値を出しやすいところでしか今までコミュニケーションをとってこなかった方に多いです。

 

仮に相手の正解を聞けたとしても、それは自分の中で腹落ちしない限り自信を持って話せることにはなりません。


特にOB訪問や説明会では相手がその場で即答できないであろうこと、答えに窮することはストレートに聞かない方が良いです。

 

「具体的には?」「なぜですか?」「本当ですか??」は避けましょう。その場で内容を考えて答えさせることになるので、相手にプレッシャーを与えます。また、この人は今この場で答えたことを正解とするのではないかと不安になります。

 

考える材料を集めて、最後は自分で決めるという姿勢が自主性も感じられ好印象です。

 

質問を考えるのは準備でありマナー

質問を考えておくことは相手と会う時間を有意義にするための準備です。

 

特にOBOG訪問をする際は質問の準備が欠かせません、そうでないとふわ~っとした就活生が来た瞬間OBOG訪問を受けた方はこう思います、あ、この人は人任せちゃんだな、と。 

 

質問をしっかり作ればOB訪問への本気度、その先にある企業への本気度をしっかり伝えることができます。

 

面接でも逆質問て質問するときありますよね。一番は志望度が測られていると思いますが、質問力を通じて適性が図られてます。

 

最後に、就活中に人の話を聞くことが多いと思いますが、人の話は質問を考えながら聞くこと、これはマナーです。聞く力のひとつです。

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary