たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

それはあなたを思ってではないかもしれない。

日頃からついつい人の好意に甘えてしまっています。

これは仕事でもプライベートでも気を付けなければならないことだと思っていて、

年次を上げたり地位が上がるごとに失われていってしまうのは怖いことだと思っています。

 

相手がしてくれることには、何かしらの思いがあります。

本人自身も気づかない深層心理があるです。無償の愛でしていると思っていても、あるときふと、それが爆発します。

 

例えば、

恋人が部屋を掃除してくれるのは、恋人のことを思ってしているのではなく、その部屋が汚いと思っているから。

 

これは仕事にも言えそうで、やっておきますか?は、やっといてくださいよの裏返し。

 

先日、私が後輩といっしょに絵の額を梱包して発想する作業をしていて、後輩に片付けを頼んだのですが、片付けをそのままにして定時近くになってしまい、他の後輩に片付けておきますね、と言わせてしまいました。そのときは、ありがとうと言っただけでしたが、本当は違う思いがあったのだろうなと帰り道思い返しました。

 

今度同じ状況になったら、散らかしっぱなしですまない、気づいてくれてありがとう、と言おうと思います。

 

その日、その時に言えなかったことを、振り返り、次はこう言おう、とする習慣が身についてきています。ストレスは軽減し、頭の回転も早くなってきた気がします。

 

マッキンゼーアカバさんという方が毎日その日のメモをとるとストレスが軽減されて、頭も良くなると言っていたそうです。

 

私も毎日500字は書くようにしていますが、人に見せることを前提にするために

ブログにしています。自己研鑽なので、見てもらえようがそうでなかろうが関係ありません。それにしても書き出すという行為の効果、ブログの効果ってすごいと思います。

これはやってみた人にしかわかりませんよね、。

 

こうなってくると、ブログを書いている人に会ってみたくなりますね。