たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


カフェイン経ち。代替品を使ってコーヒー摂取量を減らすことから。

 

カフェイン中毒になりかけた

会社の健康診断でのできごとです。

朝から何も食べたり飲んだりしていないはずなのに、”心拍数が高い”との診断結果が。

 

考えられるのはコーヒーでした。常飲しているのでおそらくカフェインが体内に常中してしまっており、心拍数を上げているのです。飲み過ぎていることの自覚はあったのですが量を減らすことができず悩んでいました。

 

頭痛、はきけ、動機、息切れ

心拍数がいつも高いことに気づくと、心なしかいつもドキドキしている気がしてきました。カフェイン中毒の症状を調べると軽度ではありますが心あたりがある症状があることに気づきました。

 

そこである日、コーヒーをやめてみたのですが、頭がぼーっとして働きません。

ここで初めて自分が少しカフェイン中毒であることを自覚しました。

 

コーヒーの摂取料を減らすにはどうしたら良いか、デカフェ(ノンカフェインコーヒー)への置き換えを試してみましたがまた飲みたくなり効果は薄かったです。コーヒーを飲む感覚は得られますが体はカフェインを欲していました。

 

 

代替品を探す

そこでコーヒーの代替品を探しました。

いきなりカフェイン抜きにすると禁断症状にさいなまれると思い、カフェインが少なめの飲料はないものかと思い探すと見つかるのは、紅茶、緑茶などあんまり好きくないものばかり。

 

そんななか見つけたのが、”玉露”でした。

少しお高いですが味がしっかりしていそうなのをAmazonで注文。続かないと意味ないと思い、美味しそうなのを選びました。

 

 

美味しい。そして続いた。

玉露、美味しかったです。

 

現在、朝はコーヒーの代わりに玉露を飲み、昼間は缶コーヒー1本に抑えています。

今までは缶コーヒー2~3本飲む日もありました。寝つきも良くなり、カフェイン中毒が改善に向かっています。

 

そして朝の玉露置き換えをはじめて2週間くらい経ちました。

コーヒー摂取量を減らすことに成功し、昼間に飲むコーヒーは缶コーヒー1本以下になる日もあります。次の目標はカフェイン抜きの日を作ることです。休みの日を使ってチャレンジしてみようと思います。

 

カフェイン中毒の症状ひどくなる前に、自覚できて良かったです。健康診断大事。

 

コーヒーを辞めると副腎披露も改善されお肌にも良いですし、歯も汚れにくくなりそうです。コーヒー代も浮くし、メリット大!

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary