たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

【交渉】コロナ中の引っ越しがお得だった件について

 

コロナが与えた思わぬ生活の変化について整理し、発散したいと思います。

 

一番大きかったのは引っ越しです。

以前から引っ越しをしようと思っていたのですが、先々週に引っ越しを決めました。

 

賃貸で10年近く住んでいるのですが、引っ越しが好きで、およそ2年ごとに引っ越しをしています。いろんなところに住みたいというのもあるのですが、賃貸契約の更新料を2年ごとに払うなら、そのお金で引っ越しした方が楽しいと思っているからです。

ちなみに18歳のときに上京しそれから数えてかれこれ7回引っ越しをしました。

 

今回の引っ越しは2年たたないうちの引っ越しなので、少しばかりもったいない気もしましたが、コロナ状況下で収入が減ることを鑑み、引っ越しを決意しました。結果的に前の賃貸と居住面積は約半分になってしまいましたが、その他の条件は同じで新築の物件に共益費込みで以前よりも17000円もおさえることができました。

 

引っ越し費用を安く抑えるために、

① 引っ越しを考えているが、家賃交渉ができるか今の管理会社へ相談

② コロナ状況下での引っ越しなので安くならないか、不動産屋さんに交渉

を同時並行しました。

 

結果、以前住んでいた家賃は安くはなりませんでしたが、

不動産屋へ支払う仲介手数料半額、と引っ越し先の礼金0円を実現しました。

ちなみに敷金も0で初期費用を抑えることに成功しました。

 

引っ越し屋さんも好きな日程で日にち組んでくれましたし、コロナ割引をしてくれました。

 

我ながら、満足です。

 

7.5畳から約4畳への引っ越しで、やや狭いと感じることもありますが、2年の辛抱だと思い、我慢しています。というよりも、ミニマリストへの階段を一歩のぼった気がしています。引っ越しに先立って、以下のものを手離しました。

 

Nintendo Switch

PS4

・テレビ

・マンガ200冊

・本100冊

 

すっきりしました。誘惑が消え、可処分時間を自己研鑽にあてています。

主にこうしてブログ書いたり、母校の学生に就職支援したり、ですね。

 

Switchはメルカリで裁いた方が絶対良かったですね、惜しいことしました。

 

他にもコロナの影響で起きた生活について書き留めていきたいと思います。

 

一連の引っ越しの流れは振り返ってみても、環境の変化に対応したといえるし、

未知の問題に立ち向かっている今、アートしてるなと感じる日々です。

 

それにしてもこうしてブログが自己研鑽になる日がくるなんて思いませんでした。

 

それでは!