たかぎの就活支援ブログ

納得内定を目指す就活生を応援するブログ。


営業成績を達成したあとに感じたもの。自分の原動力は認められたい、自由を得たいと思う気持ちだった。

 

仕事で成果が出た後に訪れたもの

今日のテーマは仕事で成果がでたあとに生まれたものというテーマです。

 

今年の4月より希望が通り、希望部署で希望の仕事をすることができています。

そんな希望の仕事で成果がでました。

 

営業職として目標売上のおよそ2.5倍以上を生み出すことに成功したのです。

 

今年の4月から顧客を引き継ぎ、営業としてエリアを担当していました。

はじめは苦しいときもありましたが、先輩の力を借りながら徐々に成果を出していき、最後にドカンと大きな額の商材を動かすことに成功しました。

 

本当に嬉しかったです。

 

だけどいまいち充実感がない

ですが、いまいち充実感がありません。

 

日々前進している感じはあります。

 

以前抱えていた人間関係の悩みも成果を出した途端に周囲は手のひらを反すように自分に好意的になり解決しました。悩まなくなったというよりも、それ以上に目の前に常に問題があるので気にならなくなったという感想が大きいです。

 

これからも目標数字を達成するための自信もつきつつあります。

未だに道は険しいですが。

 

給与レンジが低い

いまいち充実感がないことの理由に、あまり成果が給与に反映されなかったということがあります。

 

入社してから、わかったことなのですが、給与レンジが思ったよりも低かったです。

モチベーションが下がった原因でした。営業成績は賞与に反映されて還元されてはいます。たしかに反映はされていましたが、他の業界と比べると明らかに低いです。就活しているときにきちんと調べれば良かったです。

 

もともと仕事にお金を求めて営業職を目指していました。

営業ができれば、なんでも良かったんです。就活はクリエイティブなことがしたくて広告を志望していました。全滅しましたが。

 

そこから広告にウケが悪いことを身をもって知り、視野を広げ、営業職という軸で他の業界を見始めました。就活後半にはじめて受けた今の会社から内定が出て入社したといった具合です。

 

また、業界の特色として長年勤めないとわからないことも多いはずなのに、役職がつかないと給与が上がらないことも不満のひとつです。長く勤めても、給与が上がらないんですね。不満を通り越して不安です。

 

キャリアパスがない会社

キャリアパスがないことも不安の原因です。

自分の会社の営業職のキャリアは、数字や顧客・エリアが会社の利益の根幹を占める重要なものに変わっていくというだけで、幅が広がりません。

 

新規事業を生み出したり、新しい利益を生むサービスを生み出すということがないんです。これは盲点でした。自分は根本的に新しいことができないと飽きてしまう人間なんだとわかった瞬間でした。

 

キャリアパスがない会社は閉塞感を感じます。仕事をやりきったことで初めて得られたものだと思うので、そういう意味ではお客様のために自分に嘘をつかず仕事ができて誇りに思っています。

 

狭い業界ならではの葛藤

美術品の業界で働いていると、業界が狭いと感じます。

業界内にいる人は自分たちの価値観が当たり前だと感じるようになります。

 

経済的合理性でこの仕事を選ぶ人は少ないんです。

会社に来る人は、美術品が好きだからという理由で入社します。

 

たしかに美術品が好きな人には最高の会社だと思います。

普通に暮らしていれば会えない人にも会えますし、触れないものにも触れます。

 

私もはじめはどんな絵に触れても感動しました。

この絵は誰の、いつの時代のものだろう、本物だろうか、この人はどんな思いで描いたのだろう、と。

 

ですが次第に、慣れてきました。感動が薄れてきました。

転職しようにも業界が狭く、身に付いた知識は他の会社で活かせるものではないことに気づきます。転職しようにも年が重なって、身動きとれない、働けない。そうこうして、他の業界の人と話していると、やっぱり業界の人が恋しくなる、美術が好きな人が恋しくなるんです。

 

成績以外の新しい目標

今思っていることがあります。

 

それは、営業成績だけ目標にしていると今の仕事は続かないな、ということです。

 

自分なりに新しい目標を立てて仕事に取り組まないと、モチベーションがでないことに気づきました。

 

エリアを引き継いだときには、こんなに早く結果がでるとは思っていませんでした。

 

入社してからやっとの思いで得たチャンスを必ずものにしてやると意気込んで毎日を過ごし、一秒たりとも無駄にしないいと張り切って仕事に臨んだ結果、自分でも予想上の成果がでました。

 

ですが、成果を出した今、自分が本当に求めているものがわからなくなりました。

少し成果をだしただけで調子にのるな、と思う方もいるかもしれません。ですが、売り上げ目標だけを、それを達成して称賛されることだけを求めていると続かないなと思うようになったのは事実です。 

 

世間で賞を受賞したりする人が、クールに見えていましたが、こういう気持ちなのかもなと思っています。

 

逆に初心に戻り、仕事とは、人生とは、改めて考えるチャンスだと思っています。

 

振り返ると、自分がこれだけ仕事を頑張れたのは自由が欲しかったからだと思います。

先輩・上司から認められ、自由になるために、結果を出そうと努力しました。

 

お客さんに認められるんだと思う気持ちがモチベーションでした。

たしかに難しいお客さんほど燃えていました。

 

自分は認められたい人を見つけると努力できる、そう感じました。

これも今目の前にあることをやりきって生まれたものなので、これは大切にしたいと思います。

 

目の前にあることをやりきると次が見えてくる。

そう思うとその次が見たいと思えて、少しやる気が戻ってきました。

たかぎの就活支援ブログ Takagi′s job-hunting diary