たかぎのカギ

たかぎのカギ

『スベリ』を『学び』にするブログ

SNSコメント欄での大喜利。気を付けていること。

SNSのコメント欄、大喜利化が進んでいます。

SNSのコメント欄について

SNSのコメント欄が好きです。youtubeだったら動画についてのコメントや、ユーザー同士の交流が面白いからです。ビジネス系の動画を良く観るのですがみなさんとても意識が高く、ストイックです。動画の中でコメント欄で意見などを募集するときがとくに好きで、動画を見た人同士の大喜利感覚で楽しんでします。

 

返事があると嬉しい

嬉しいときは動画主から返事があった時です。動画を見た人から自分のコメントに対してのコメントも嬉しいです。また動画見てコメントしようって気持ちになります。私も他の方のコメントには積極的にいいねしています。慣れてきたらコメントしていきたいです。

 

本編で言えてはいないことに触れられるように

気を付けていることは、動画主が本編で言えていないことに触れられるようにすることです。自分で言ってもいいけど、質問されたときに答えた方がいいネタってあると思うんです。センスある方ほどそれを知っていてあえて動画の中では話していないので、それについて話せるようにコメントや質問をすると、それ言いたかったんだよねと思ってもらえるかなと。『かゆいとこに手が届いた感』が出たらいいなとコメントするとき心がけてます。

 

コメントするときのポジション

コメントするときのポジションは、明確にしています。スベリ屋としては、一番はスベりにいくことですが、真面目なのか、笑いをとりにいくのか、ユニークにいくのかはっきりさせています。そのために前置きでポジショニングをします、これは~の話ですが、これは例えですが、などです。コメント欄は様々な方が見るので、誤解なく伝えるための配慮です。

 

面白いことが良いことでもない

コメント欄は必ずしも面白いことが求められているわけではありません。ここが好きです。思い思いに動画の感想を伝えていいんですよね。動画をあげてくれた方への感謝は忘れないようにしています。ビジネス系の方なんてこれ無料で良いの??っていうくらい質の高い動画であふれています。

 

今日も明日もスベりにいく

そして私はコメント欄でもスベりに行きます。荒らしではありません、空気を読んで、失笑を狙いにいくんです。大量のコメント欄の中でひときわ輝くユニークな失笑。これを目指しています。