たかぎのカギ

たかぎのカギ

社会人3年目が日記以上をお届けするブログです。

【それどんな顔?】相手の反応を見て発言する

楽しい会話は人生の質を上げてくれるものと認識していて、日頃からクオリティを意識しています。こういうと会話に身構えたり、理屈っぽく感じる方もいるかもしれませんが、『自分も心地よく、相手も心地よい会話はお互いが意識していないと成り立たない』ので、少なくとも自分の側は意識していようとするのはいいことなのかなと。

 

さて、かくいう私ですが、基本的なことでできていないことがあります。それは『相手の反応から言葉を作る』ということです。気を付けてはいるのですが、頭の中で『これ言いたい』って思ったことから脱却できずに、タイミングが少しずれていても、まあいっかで発言してしまうんですよね。

 

結果、スベります。リアルタイムで、言葉が次々と出てくる方は普段どんなトレーニングを積んでいるのか教えていただきたいです。小さいころからの積み重ねなんでしょうね。今からでも遅くはないと思うので、『今の相手から話す言葉を作る』ことを意識していきたいと思います。

 

今の相手に集中、過去にあったことも考えないで、今の相手に集中です。

相手のことを考えるって難しい、でも楽しい。まずは、読者のことを考えて書かないとなあと思います。登録者も徐々に増えてきて、書きがいも上がってきていますし。

 

はじめは自己研鑽で、つまるところ、毎日書ければいいという自己満足で投稿していましたが、最近はじめてなにかギブできているような気がしてきました。みなさんのスターひとつひとつが私の書きがいです。

 

相手の反応を見て言葉を作るという観点からすると、人間関係と仕事関係の記事が人気なのでそこらへん深ぼっていけば、自分だけのオリジナルな考え方や言葉が見つかるのではないかと思っています。乞うご期待です。

 

 

 

 

 

会社で話すことは予め決まっていることで、言えなかったことがあっても同じ状況になったときに、準備して臨みます。

会話の中でベストな言葉を探しながら